時事ネタ

土屋太鳳の運動神経が凄すぎる!ただの女優じゃなかったみたい。

投稿日:

6e4a0f0943ff8ebbaf6e5878f81c4fe4_s

NHKの朝ドラ『まれ』の主役を務め、下町ロケットでは阿部寛の娘役、佃莉奈を演じて話題を集めた土屋太鳳ですが、彼女の運動神経が凄いと話題です。

見た感じは、申し訳ないですが、鈍くさそうなイメージを持っていたんですけど、大きな誤解でした。アスリートレベルの運動神経を持っていますね。

そんな彼女について公開してみます。

野球経験はない筈ですが…驚異的なコントロールとバッティング!

正直、驚きました。土屋太鳳は野球経験がない筈なんですが、恐るべきセンスを発揮しています。

おしゃれイズムにゲスト出演した時、ストラックアウトとバッティングにチャレンジする場面がありました。下記の動画で16:00~から始まります。

ちょっと手間をお掛けして申し訳ございません。出だしは土屋太鳳が、前後開脚で身体の柔軟性を見せつけるところからスタートします。

そして、ストラックアウトにチャレンジするんですが、もう投げ方で、野球のセンスがあるところがよく分かるんですよ。

球のスピードは遅く、山なりに放っているんですが、次々に的を当てていきます。普通、的までボールを届かせる事自体が難しいのに、それを難なくクリアーした上で的に当てる。

野球経験がないにも関わらず、これは、かなり凄い事だと思います。

もっと驚いたのはバッティングです。ご覧になればお分かりだと思いますが、バットのスイングが素人ではないですよね。

普通の女の子ならば、身体ではなく手首を動かしてバットを振るものなんですけれど、土屋太鳳は、おもいっきり身体の軸を活かしてバットを振っていました。

誰に習った訳でなく、野球のバッティングフォームの基礎は出来ています。

最初は慣れなかったのか、三振を連発しますが、徐々にタイミングを合わせてヒットを連発。最終的には120kmの球をクリーンヒットさせるという快挙を見せていました。

とても素人の女性のスイングではなかったですね。惜しかったのは、もう少し、バット短く持てば、もっとヒットを打てたでしょう。

…それにしても、土屋太鳳って何者?と正直、思ってしまいました。並みの運動神経ではないですね。

土屋太鳳は、日本女子体育大学に入学していた。

なるほどと思いました。土屋太鳳は、バリバリの運動畑の方だったんですね。

普通、女優の方が進学する場合、普通の4年制大学ですが、芸能活動をしながら日本女子体育大学に進学しているという事は運動の素養が高いのは間違いないです。

だから、経験のない野球でも運動の基礎が出来ているのだと思いました。

専攻は舞踊という事です。だから、身体が柔らかいのでしょう。高校生の時は創作ダンスで全国大会に出場した経験もあるのだとか。

土屋太鳳は、本格派の若手女優としては、かなり異色のタイプだと思います。

そういえば、土屋太鳳は豪州出身の世界的歌手SIAのアルバム『ディス・イズ・アクティング』の収録曲『アライヴ』の日本版ミュージックビデオに出演するそうです。

ちょっと動画で様子が見られます。

ちょっと凄いですね。旬の女優がここまで本格的なダンスを踊るという事はかなり驚きました。

土屋太鳳はちょっと運動神経が並外れた異色の女優ですよね。

-時事ネタ

執筆者: