サッカー

ハリルホジッチ更迭?手倉森誠の日本代表コーチ復帰に見え隠れする思惑。

投稿日:

hariur

サッカーU-23日本代表の監督を務めていた手倉森誠が、正式に日本代表のコーチに復帰しました。

U-23日本代表の監督をリオオリンピック終了と辞任し、しばらくは充電期間をおいた後、Jリーグのクラブを率いるのでは?

と思っていた矢先に日本代表コーチに急遽、復帰するという事は、サッカー日本協会のある思惑が見え隠れします。

口先ばかりで、結果が出せないハリルホジッチに見切りをつけたいサッカー日本協会?

ハリルホジッチ監督は日本代表に就任して以来、あるゆる『要求』を日本代表選手、Jリーグ、日本サッカー協会に行ってきました。

攻守の切り替えを早く!体脂肪率をもっと下げろ!もっとデュエル(?)を行え!

更には欧州のトップクラブを引き合いに出し、どれだけ日本代表が劣っているという事。Jリーグがサッカー界の潮流から外れている事を強調。

確かに、Jリーグのプロサッカー選手としての勝負に対する意識の低さ、ディフェンスの弱さ、攻守の切り替えの遅さは同調するところもあります。

関連記事:Jリーグが海外サッカーよりもスピードが遅いと感じる理由について

ただ、これだけ批難と要求を繰り返すのであれば、当然、ハリルホジッチ監督に従えば、今以上の日本代表として強化できるんですよね?

という疑念を持たれても仕方ない話です。

ですが、現在の状況は、はっきり言って『口先だけはビッグクラブ並み』な監督であるという事が明白になってきました。

わたしは、就任当初の言動から、この監督はおかしい…と見做していたんですけれども、それが現実化してきている流れみたいですね。

関連記事:ハリルホジッチの戦術には全く期待できない…避けられない日本代表の弱体化。

無能、仕事をしない連中と蔑まれていますが、流石の日本サッカー協会も最終予選の状況を考えて、ハリルホジッチ監督に任せて良いのか?

と疑問を持ち始めたみたいです。

全く強化していない日本代表、新たな選手選考をすべきでは?という論調。

そういうのは、本当はナンセンスで状況を打開するのは容易です。現在の日本代表監督であるハリルホジッチを解任するのが、一番の解決策だからです。

ボランチの層は紙の様ですが、他のポジションは海外クラブで活躍しているメンバーが揃っています。

関連記事:日本代表はロシアワールドカップに出場出来るのか?ハリルホジッチ監督では厳しいかもしれない…

かつてないほど、豪華な日本代表なのに結果をだせないのは、監督が悪い事は明白だからですね。

切っ掛けがあれば、ハリルホジッチを更迭。すぐにでも手倉森誠をA代表の監督に?

tegu

おそらく、日本サッカー協会はハリルホジッチをすぐにでも更迭したいのではないか?

と予想しています。ただ、ここまで引っ張ってきて最終予選最中の更迭という事になると、それなりの理由が必要になります。

更に後任の人選。責任の所在も明確にしていかなければならないでしょう。

とりあえず、後任の人選は無難な手倉森誠に任せようと思っているのではないでしょうか?

リオオリンピックでは予選敗退はしましたが、アジア予選での戦いぶりは賞賛されています。

谷間の世代と呼ばれた人材に乏しいU-23日本代表をアジアで優勝させた手腕は買われていますので。

また、手倉森誠はハリルホジッチと違い、選考した選手を見極め、最適な戦術を組み込む柔軟性を持っています。

自身の戦術に頑迷に固執するハリルホジッチなどよりも、停滞感漂う日本代表を変えてくれる筈ですし、不調と言われた香川真司も輝きを取り戻すかもしれません。

関連記事:香川真司は日本代表で何故、活躍できないのか?その理由について。

そういう意味で、日本サッカー協会は残りのアジア予選で、ハリルホジッチが疑問が残る采配をした時点で更迭し、手倉森誠を据える準備をしているのではないでしょうか?

手倉森誠もA代表コーチ復帰という事は、いつでも監督を任せられる可能性がある。という事は十分、認識していると思われます。

手倉森誠のA代表コーチ復帰は、彼をハリルホジッチの後任監督に据える。そんな思惑が見え隠れしています。

-サッカー

執筆者: