サッカー

Jリーガーは積極的に海外移籍をチャレンジするべきという理由について。

投稿日:2017年3月1日 更新日:

リーガ・エスパニョーラのSDエイバルに所属する乾貴士選手の発言が話題を呼んでいます。

その内容は『海外クラブに所属したとしても出場機会が限られる可能性が高いので、安易に挑戦すべきではない』日本のマスコミ論調に反論したものでした。

乾選手の反論は『海外クラブにチャレンジする気概を安易に否定するのはおかしい。出場機会を掴む為に、各選手が懸命に努力をしている。その意欲を否定するのはどうか?

ということですね。

まあ、たった半年でセレッソ大阪に出戻りを果たした山口蛍選手の行動、ハリルホジッチ日本代表監督の海外組優先起用などの出来事があり、マスコミの言い分も分かるのですが…

とりあえず、上記の件に関して、わたしの見解を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

試合に出ることが出来なくても、Jリーガーよりはレベルが上。

確実に言えることは『海外クラブに所属している選手の殆どは、Jリーガーよりも選手としてのレベルを上回っている』ことです。

出場機会に恵まれていなくともそう言える筈です。

なぜなら、彼等はJリーグで言えば『助っ人外国人』という立場で海外クラブからオファーを受けているからです。

助っ人外国人なのに、出場機会に恵まれないのはなんでなんだよ!

と言われるかもしれませんが、海外クラブはJリーグと違い外国人の出場枠が違うんですね。

更に資金力も違うので、優秀な外国人を複数雇用してパフィーマンスが良い選手を都度、起用することが出来るんです。

実力のない選手はオファーすら来ません。海外クラブに所属出来るということは、繰り返しますが『助っ人外国人』としての実力を買われているからです。

イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスのリーグはそれこそ、世界各国から優秀な外国人を高い移籍金でかき集めています。

その中に、出場機会が限られるとはいえ、所属することが出来ている日本人選手の実力は、Jリーグでしかプレーする機会がない選手よりも劣る筈がありません。

ですので、海外クラブからオファーが来ること自体、サッカー選手として名誉なことである筈なので、事情が許す限り、積極的に海外クラブに所属するべきだと思います。

人生経験という面で見れば、海外クラブに所属することプラスの筈。

サッカー選手としてのキャリアだけを考えてみれば、確かに海外クラブに挑戦することはリスクを伴う可能性があります。

所属した期間は、大半がベンチで試合経験を積むことが出来ないのは痛手ですよね。

ただし、視野を少し広げて、人生経験という形で捉えるならば海外クラブに所属することは、大きなプラスになるのではないでしょうか?

サッカーの選手生命は長いものではありません。

引退後の人生の方が長く、大事になるでしょうから海外生活で得た経験は大きな財産になると思うんです。

引退後もサッカー関係に携わるならば、海外クラブに所属していた時に築いた人脈が活きるでしょうし、サッカー関係以外の仕事でも利用できる可能性があります。

中田英寿氏は現状、サッカー関係の仕事には積極的に携わっていませんが、海外クラブ生活で築いた人脈を上手く活用して、様々な活動を行っています。

そういう意味では、海外クラブに所属することは決して、悪いことではないと思います。

スポンサーリンク

今回の騒動はハリルホジッチ監督の言動によるもの。

海外クラブに所属することに否定的な見解が目立つ様になってきたのは、ハリルホジッチ監督の言動に問題が多いことも考えられます。

出場機会を殆ど得られていない本田圭佑、香川真司選手を無条件でスターティングメンバーに起用し、調子の良いJリーガーには殆ど見向きもしない。

しかも、アジアの弱小国相手に対して、芳しい結果を出していないのですから、批判が集まるのは当然だと思います。

しかも、その矛先は海外組を優先して結果を出せないハリルホジッチ監督にではなく、海外クラブに移籍する行為に対して向いてしまっているのがおかしいんですよ。

乾選手も批難の矛先は、ハリルホジッチ監督に向けるべきだと言及していますしね。

海外クラブにチャレンジすることは、決して悪いことではありません。

海外クラブでキャリアを過ごし、引退した選手達も口を揃えて、海外クラブに移籍することを勧めています。

そういう意味で、乾貴士選手の今回の発言は共感できます。

しかし、何故、海外組優先を謳いながら、クラブできちんと結果を残している乾貴士選手をハリルホジッチ監督は招集しないのでしょうか…理解に苦しみます。

-サッカー

執筆者:


  1. 名無し より:

    海外クラブ所属しているという
    理由だけで召集を決めていないからではないでしょうか!?

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハリルホジッチ更迭?手倉森誠の日本代表コーチ復帰に見え隠れする思惑。

サッカーU-23日本代表の監督を務めていた手倉森誠が、正式に日本代表のコーチに復帰しました。 U-23日本代表の監督をリオオリンピック終了と辞任し、しばらくは充電期間をおいた後、Jリーグのクラブを率い …

サッカーのドリブルでキープ力を身に着ける方法について。

学生の方や社会人の方で、サッカーを楽しまれている方が多いと思います。 『試合ではドリブルをすると相手に簡単に奪われるから、ボールを持ったら奪われる前に球離れを早くしたい』 そうですよね。サッカーでは手 …

評価が落ちている香川真司…日本代表で復調するにはどうしたらよいのか?

香川真司の評価が著しく落ちています。 日本代表ではイマイチ活躍出来ず、所属するドルトムントでは、ゲレイロ、ゲッツェという素晴らしい選手の加入でポジション確保に苦労しています。 関連記事:香川真司は日本 …

ネイマールのプレースタイルについて。

ブラジル代表の10番であり、バルセロナのMSNの1人である、ネイマールのプレースタイルについて公開したいと思います。 ネイマールという選手は、サッカー選手の実力というよりも容姿から見られるように、タレ …

ウェイン・ルーニーは衰えた?マンチェスターユナイテッドを支えたストライカーの今後は?

巨額の補強費を投じながら、結果があまり伴っていないマンチェスターユナイテッド。 『スペシャルワン』と自称するジョゼ・モウリーニョを監督に就任させましたが、現状では芳しい成績を残せてはいません。 そして …