サッカー

トーマス・ミュラーの凄さとプレースタイルについて。

投稿日:

myura

現在、ブンデスリーグの首位をひた走るバイエルン・ミュンヘン。

その中心選手にドイツ代表のトーマス・ミュラーがいます。ただ、このミュラーという選手、凄い選手なのは何となく分かるんですが、何が凄いのか?

正直、よく分からない選手なんです。ミュラーの凄さ、プレースタイルなど、すぐに頭に浮かばないんですよね。

それなのに、ドイツ代表の主力選手であり、バイエルン・ミュンヘンでも欠かせない戦力として、常にスターティングメンバーに選ばれています。

今回は、選手としての特徴が掴みにくい、トーマス・ミュラーの凄さとプレースタイルについて公開してみたいと思います。

ボールを持たずとも相手を崩す事が出来る、観察眼とサッカーIQが凄い。

トーマス・ミュラーの凄さは、抜群にサッカーIQが高いという事です。

敵味方の動きをよく観察しており、状況に応じた最適のプレー選択肢を実行できるサッカーIQの高さを持っています。

特に、味方を利用してラインコントロールのギャップを突き、裏のスペースに飛び込むフリーランニングの質は、サッカーの教科書に載せられているセオリー通りです。

バイエルン・ミュンヘンでは、センターフォワードのレヴァドンフスキとの相性が高く、彼を利用して、最終ラインの背後のスペースを巧みに突いているんですね。

ミュラーのポジションは一応、トップ下と公式では表示されているんですが、実際のプレーはシャドーストライカーの役割に近いです。

ミュラーとレヴァドンフスキがよく用いる、シンプルな崩し方の例は、レヴァドンフスキがサイドの選手からボールを受ける為に、最前線から斜め下に移動をします。

その時、相手のセンターバックがレヴァドンフスキをマークする為に、サイドに釣り出す事が出来れば、もう一人のセンターバックも空いたスペースを埋める為にサイドに動きます。

この時、ミュラーはスペースを埋める為に移動した、センターバックの死角に移動し、一気に背後のスペースを突く準備をします。

サイドの選手はサポートに来たレヴァドンフスキにボールを預けるのではなく、センターバックの死角にいるミュラーにセンタリングを放り込みます。

センターバックの背後を突き、裏のスペースで完全にフリーになったミュラーは難なくボールをゴールに叩き込みます。

今シーズンから加入したドゥグラス・コスタのセンタリングから、ミュラーは高い頻度でボールをゴールに沈めてきました。

以上の崩し方は一例に過ぎず、ミュラーが囮になり、レヴァドンフスキにゴールを決めさせるパターンも多いです。

そして、この一連の崩し方では『ミュラーは全くボールに殆ど触っていないんですね

自身が動き出す事で、相手を崩し切るパターンの引き出しをミュラーは数多く持っていまして、敵味方の位置関係と状況に応じて、的確に用いてきます。

詰め将棋と似たようなもので、王将を詰みに追い込むパターンをミュラーは数多く掴んでいる筈です。

ゴールに至るプロセスを何手先まで予想しているのでしょう。自身が仕掛ける事で、敵味方が動き出し、最終的にゴールに至る流れを演算しながらプレーをしているのです。

ロッベンの様にスピードを活かした個人技で相手を崩す、分かりやすい特徴を持った選手ではないです。

ミュラーは味方選手に頼るという事ではなく、周りの選手を自身が思う様に『利用する』事により相手を崩す選手です。

このタイプの選手は頭脳でプレーを組み立ててくるので、好不調の波が少ない事が特長です。

チームにとっては確実に戦力として計算が出来る、素晴らしい選手だと思います。

以下、参考までにトーマス・ミュラーのプレースタイルをまとめた動画をご覧ください。

個人技の高さがあってこその観察眼とサッカーIQ

ミュラーは、周りの選手を自身が思う様に利用する事に長けた選手という事を上述しました。

ただ、それだけの選手ならば、バイエルンミュンヘンという世界トップクラスのレベルのチームでスターティングメンバーに選ばれる筈がありません。

当然の事ながら、ミュラーの個人技もそれなりに高いです。

パス精度、ボールキープ、シュートレンジの広さと精度、フィジカル。どれをとっても一流選手の域に達しています。

ただし、それらが飛び抜けている訳ではないので、ミュラーは特徴が掴みにくい選手なのかもしれません。

ミスも少なく、コレといった短所も見当たらないので、余計にプレースタイルが分かり辛いんですよ。

だから、ミュラーのプレースタイルや特徴と言われても、パッと頭に浮かびづらい方が多いと思います。

以上、バイエルン・ミュンヘンに所属するトーマス・ミュラーの凄さとプレースタイルでした。

-サッカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウェイン・ルーニーは衰えた?マンチェスターユナイテッドを支えたストライカーの今後は?

巨額の補強費を投じながら、結果があまり伴っていないマンチェスターユナイテッド。 『スペシャルワン』と自称するジョゼ・モウリーニョを監督に就任させましたが、現状では芳しい成績を残せてはいません。 そして …

香川真司の不調について。トゥヘル率いるドルトムントに何が起こっているのか?

ブンデスリーグのクラブチーム、ボルシア・ドルトムントに所属する香川真司ですが、最近、めっきりと調子を落としている様です。 リーグ前半戦は不動のレギュラーでしたが、後半戦から監督であるトゥヘルの戦術変更 …

ポゼッションサッカーを否定する風潮がどうもおかしい…日本代表に適した戦術の筈ですが…

日本のサッカー界は最近、ポゼッションサッカーを否定する風潮が強く感じられます。 現在の日本代表監督である、ハリルホジッチが「縦に速いサッカーを!」を提唱している様に、以前まで持て囃されていたポゼッショ …

なでしこジャパンは弱くはなっていない。他の国が強くなっただけという事。

リオ五輪の出場を逃したなでしこジャパンですが、日々、メディアにその原因を追及されています。 なでしこジャパンは弱体化した理由は?そしてその原因は?世代交代が進まなかったから?一部のメンバーが上手くいな …

サイドバックバックの役割と動き方で意識すべき事について。

現在、サッカーのポジションでサイドバックの人材が世界的に不足しています。 理由は、戦術の進化と共にサイドバックに求められる役割が多く求められる様になったからです。 守備戦術が時代と共に進化し、攻撃は中 …