時事ネタ

宮根誠司は嫌われていても、何故、番組を降板させられないのか?

投稿日:

miyane

日テレの看板番組である『情報ライブ ミヤネ屋』

司会である宮根誠司の代表番組といってもいいでしょう。昼のワイドショーでは、多数の方がご覧になっていると思っています。

しかし、この司会である宮根誠司の嫌われ度がハンパではありません。一般視聴者からの評判は最悪レベルで、その嫌われぶりは、みのもんたと双璧です。

しかも、芸能人からも?あまり評判がよろしくなく、有吉弘行にも、歌舞伎俳優の片岡愛之助の騒動の件で『下品』と一蹴される始末。

常識で考えた場合、こんなイメージの悪い男はさっさと番組を降板させるか、打ち切りにした方がよいのですが、そうもいかないのがテレビ業界です。

結論から言えば、宮根誠司はテレビ業界側からみれば、必要で貴重な人材です。彼に代わり得る人材は、そうは見つからないでしょう。

ザ・ミスターゴシップ!宮根誠司!

宮根誠司の顔を見れば良く分かると思うんですが、これでもか!という位に『下品な顔』をしていまよね。

下品なのは顔だけではなく、言動も含めてパーフェクトに近いです。隠し子、不倫、舌禍事件など挙げればきりがありません。

ですけれども、キャラクターとしては、非常に際立った人物である事は間違いありませんね。

彼のインパクトは見事なものです。ゲスい芸能ニュースなどの司会者としては、彼ほどの適任者は芸能界でも見当たらないでしょう。

宮根誠司自体がゴシップまみれの人物なので、こういうアクが強く、脂っこいキャラは、いい意味、悪い意味でも人目を惹きます。

宮根誠司を降板させたとしても、視聴率を維持できるのか?

はっきりいって嫌われ者ですが、ミヤネ屋の視聴率は宮根誠司でもっている様なものでしょう。

世間のストレスのはけ口として、こういうキャラクターは必要です。別に教養番組を報道している訳でなく、視聴者層は暇つぶしと鬱憤晴らしでミヤネ屋を見てる訳ですので…

こういう番組に品行方正な司会者は必要ありません。逆にゲスさ満載のゴシップマンみたいな人物が最適です。

ですので、宮根誠司は視聴者から嫌われまくっていますが、こういう、芸能ワイドショーみたいな番組には絶対に必要なんですよ。

大体、宮根誠司を降ろしたとして、その代わりになる人物はいるんですかね?

宮根誠司降板=『ミヤネ屋』終了ですが、後番組に『ミヤネ屋』が稼いできた視聴率を維持できるか?と言われて、自信を持って頷ける業界関係者は皆無でしょう。

ですので、宮根誠司は嫌われていますが、テレビ業界側では貴重な人材であり、必要な人物だと言えます。

-時事ネタ

執筆者: