サッカー

代表引退を表明したメッシ…バルセロナでの選手生活も引退に近いのか?

投稿日:

meltushi

バルセロナに所属するリオネル・メッシが、母国のアルゼンチン代表を引退すると表明しました。

メッシの年齢は今年で29歳。代表引退を表明するにはちょっと早いのでは?とも思うのですが、色々と事情がある様なので決意は固いと思われます。

バルセロナで活躍する程、アルゼンチン代表では結果を出せなかったメッシ。

国民からは『メッシはカタルーニャ人(スペイン)だから、アルゼンチン代表に貢献する熱意がないんだろう』と罵られていた程です。

※ メッシの選手生活はスペインのカタルーニャ州であるバルセロナが大半。

アルゼンチン代表でのメッシは、点を取って当たり前。試合に勝って当たり前。それが出来なければ、敗因は全てメッシの責任。

とまで言われていた程です。現在、引退を表明を撤回する様に同じくアルゼンチン代表の至宝と言われたディエゴ・マラドーナが必死に説得している様ですね。

ただ、メッシは精神的に相当、疲れているようで、このままではクラブであるバルセロナでのパフォーマンスにも影響を及ぼすのではないか?

とも言われています。

代表引退を表明したメッシ。所属クラブのバルセロナでの選手生活も引退を考える時期にきているのでしょうか?

年々、プレースタイルの幅を広げているメッシは中盤でも活躍できる。

メッシのプレースタイルは、フォワードとしてチームの点取り屋というイメージが強かったですが、年々、そのプレースタイルに変化が表れています。

現在のバルセロナには、ルイス・スアレス、ネイマールという優れたストライカーが存在していますので、メッシは彼等に点を取らせる為にアシスト役に徹する機会が増えてきました。

それだけではなく、シャビという司令塔が引退し、アンドレス・イニエスタの加齢によるパフォーマンスの低下を補う為に、ゲームメイカーとしてのプレーを増やしています。

数年前では考えられませんでしたが、現在のメッシはチームバランスを考えた守備の動きを見せる様にもなりました。

守備時には、同サイドのダニエウ・アウべスがオーバーラップした為に空けたスペースを埋める為に最終ライン近くまで下がる動きなどを披露しています。

攻守に渡り、チームのバランスを考えたプレーをメッシは披露をし始め、ストライカーとしてだけでなく、チームの司令塔としてのプレースタイルも身に付け始めています。

もうしばらくは、バルセロナでの選手生活を続けるのではないか?

来年には30歳になるメッシですが、瞬発力が衰えても中盤の選手としてなら、まだまだ、バルセロナでプレーできると思います。

相手のディフェンスを振り切れなくなってきた』と加齢による瞬発力の衰えを吐露していたウェイン・ルーニ―ですが、最近が中盤の選手として新たな活路を見出しています。

長年、バルセロナの中盤を支えてきたイニエスタも、シャビ・エルナンデスと同じ様に加齢の問題が出てくる頃だと思われます。

そんな彼に代わり、メッシは中盤の選手として、しばらくはバルセロナの中心選手として活躍を続けていくのではないでしょうか?

…しかし、ルーニ―もそうですが、あれだけシュート精度が高くてドリブルが上手いのに周りを活かすプレーも超一流という事が凄いですね。

しかも、メッシは守備を積極的に行わない選手と思われがちですが、意外にも球際は強く、競り合いも強い選手なんですよ。

味方がボールを奪われた際、相手陣内から素早いプレスでボールを奪い返すメッシを何度も見てきました。

ですので、中盤の守備に関しても特にメッシは苦も無くこなしてしまうでしょう。

現状はアルゼンチン代表を引退する決意をメッシは翻すとは思えませんが、ロシアワールドカップが近づけば、引退を撤回するかもしれません。

また、アルゼンチン代表のフォワードとして、ユベントスに所属するパウロ・ディバラが台頭してきています。

メッシが引退を撤回し、アルゼンチン代表に復帰すれば、メッシは中盤の選手としてプレーできる様になり、劇的にチーム力を上げる事が出来るかもしれません。

色々、事情はあると思いますが、一度も獲得した事がないワールドカップ優勝というタイトルをメッシは代表引退を撤回して、獲得して欲しいですね。

それが出来て初めて、名実ともに英雄ディエゴ・マラドーナを越える選手になれると思いますので。

-サッカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Jリーガーは積極的に海外移籍をチャレンジするべきという理由について。

リーガ・エスパニョーラのSDエイバルに所属する乾貴士選手の発言が話題を呼んでいます。 その内容は『海外クラブに所属したとしても出場機会が限られる可能性が高いので、安易に挑戦すべきではない』日本のマスコ …

ウェイン・ルーニーは衰えた?マンチェスターユナイテッドを支えたストライカーの今後は?

巨額の補強費を投じながら、結果があまり伴っていないマンチェスターユナイテッド。 『スペシャルワン』と自称するジョゼ・モウリーニョを監督に就任させましたが、現状では芳しい成績を残せてはいません。 そして …

ネイマールのプレースタイルについて。

ブラジル代表の10番であり、バルセロナのMSNの1人である、ネイマールのプレースタイルについて公開したいと思います。 ネイマールという選手は、サッカー選手の実力というよりも容姿から見られるように、タレ …

トーマス・ミュラーの凄さとプレースタイルについて。

現在、ブンデスリーグの首位をひた走るバイエルン・ミュンヘン。 その中心選手にドイツ代表のトーマス・ミュラーがいます。ただ、このミュラーという選手、凄い選手なのは何となく分かるんですが、何が凄いのか? …

Jリーグの守備力を向上させるには、ディレイ中心の方法を改めるべき。

クラブワールドカップでレアル・マドリードと真っ向から勝負を挑み、惜しくも負けてしまった鹿島アントラーズ。 ただ、Jリーグの1クラブがここまで、世界を代表するクラブであるレアル・マドリード相手に奮戦する …