時事ネタ

何故?前田敦子はAKB48のセンターに抜擢されたのか?その理由について。

投稿日:

maeda

女優活動を順調に続けている元AKB48前田敦子。

それほどのヒット作には恵まれていませんが、何作かは主演を務めるなど、まあまあの女優活動を続けていると思われます。

主役を務めた『毒島ゆり子のせきらら日記』では、かなり体当たりな演技を見せつけ、視聴率も深夜枠にしては上々の数字を残しました。

…ただ、前田敦子のルックスはAKB48時代よりも、幾分か変化したというか、劣化したのでは?ともいう声も聞こえてきます。

それよりも、アイドルではなく、女優として前田敦子を見た時、新垣結衣や堀北真紀、桐谷美玲、北川景子などと比較してしまうと、正直、見劣りを覚えてしまいます。

一般人と比べたら、凄い美人というのは分かりますが、女優として見ると微妙…と言わざるを得ません。

そんな前田敦子ですが、彼女はAKB48のセンターとして、一気に日本一のアイドルグループの頂点を極めたという経歴を持っています。

小嶋陽菜や篠田麻里子、渡辺麻友など、前田敦子よりも容姿は上とも思えるメンバーがいたにも関わらず、AKB48のセンターといったら『前田敦子』というイメージが強いです。

何故?彼女はAKB48のセンターに抜擢されたのでしょうか?

最も初期メンバーで期待されていたのは小嶋陽菜。

前田敦子はAKB48の初期メンバーですが、もっとも期待されていたのは小嶋陽菜と戸島花でした。

前田敦子はどちらかというと、それほど注目を浴びていなかった様です。勿論、秋元康も眼中になかったとの事。

AKB48の顔ともいうべき、センターのポジションには誰を据えるか?色々と話はあったようですが、結局、小嶋陽菜でもなく戸島花でもなく、前田敦子が任命されました。

この人事は振付師の夏まゆみが決め、秋元康が主導した訳でもなく、後で容認したという事です。

『最もアイドルらしくない前田敦子をセンターに据え、その成長過程を見てもらいたかった』

とAKB48の戸賀崎支配人は、前田敦子のセンター抜擢の理由を説明していました。

しかし、前田敦子のセンター抜擢は大当たりで、AKB48はあっという間にトップアイドルの座を掴んでしまうのは周知の通りです。

そして、その躍進を支えたのは前田敦子の存在感は大きかったというのは間違いないです。

個ではなく、集団で輝く、前田敦子の魅力!

優れた容姿を持つ、アイドル、タレント、女優は芸能界に掃いて捨てるほど存在します。

その中で、芸能界で活躍するのは容姿以上に求められるものがあります。それは、何といっても『存在感』です。要は、一回みたら忘れられない印象を与えられる人ですね。

前田敦子は個人で見ると、際立って美人という訳ではありませんが、一回、見れば忘れられないインパクトのある顔立ちをしているのはお分かりになると思います。

乃木坂48の初期メンバーでセンターに抜擢された生駒里奈もそうですが、容姿では劣っていても、存在感があり『~のといったら、あの子!

みたいな容姿を持つ子がいるとアイドルグループの知名度アップに大いに貢献出来ます。

前田敦子はそういう意味では、文句の付けどころがなく、しかも、顔が小さく、スタイルも背が高すぎず、低すぎもしないという特徴を持ったメンバーでした。

AKB48は曲により、センターが何度かセンターが入れ替わりましたが、何といっても前田敦子が真ん中に立つと、最もしっくりときていたという印象を持っています。

『ヘビーローテーション』では大島優子がセンターを務めましたが、『フライングゲット』で再び、前田敦子がセンターに戻ると、やっぱり、彼女が最もセンターにふさわしいと思った次第ですね。

この様に、前田敦子は個ではなく、集団で輝く、特徴を持った女性なんですね。だから、彼女はAKB48のセンターに抜擢されたんです。

女優としては、まだまだ、ブレイクしきれていない印象ですが、顔立ちは印象に残りますので、女優という職業は合っていると思った次第です。

-時事ネタ

執筆者: