サッカー

サッカーでロングキックが飛ばない…簡単に改善するコツと練習を紹介します。

投稿日:

サッカー経験者と未経験の違いをはっきりさせるには、ロングキックを蹴らせれば簡単に分かる。

という位にロングキックは、初心者には意外にハードルが高い技術です。

運動部の経験があれば、ある程度、サッカーが出来てしまうのですが、ロングキックを蹴れる人は殆どいないのでしょうか?

しかも、現在、部活などに入部している学生の方もロングキックが苦手…全然、飛ばないという人もいるかもしれません。

そんな方にちょっとしたコツでかなり改善できる練習方法を紹介します。

スポンサーリンク

ロングキックが飛ばないのは、上半身のフォームが悪いから。

ロングキックが弧を描くように高く飛ばない…中途半端な高さで相手に届くまでワンバウンドする…みたいな人は大抵、上半身のフォームが悪いです。

遠くに飛ばす為、強く蹴ることに意識がいき過ぎて『足元に目が行ってしまう』人が多いんじゃないでしょうか?

足元に目がいくということは、上半身は前かがみの姿勢になっている筈です。

これが、ロングキックが上手く飛ばない原因なんですね。思い当たる方、いませんか?

改善する方法は簡単です。

ボールをキックする時、上半身を少し後ろに傾けてください。

何故、上半身を後ろに傾けるのかといいますと、ボールを蹴るポイントを出来る限り、下から上に蹴り上げる為です。

何かに掴まってもいいので、上半身を後ろに傾けて効き足を前後に振ってみてください。

普通の体勢よりも足が上にあがると思います。そして、ボールを蹴る軌道も変わっています。

上半身を後ろに傾けることで、ボールに足がミートする時、蹴るポイントが自然に下から上に向かって蹴り上げる形になる為、ボールが高く飛んでいくことになります。

ボールに対して踏み込む位置は、多少、微調整が必要になりますが、少しの練習でコツを得ることが出来るでしょう。

ボールを高く飛ばす為には、絶対に上半身のフォーム改善が必要ですので、取り組んでみてください。

ボールに対して、斜めの位置から蹴らないこと。

よくいらっしゃると思うんですけど、止まった状態でロングキックを蹴るときにボールに対して、斜め後ろから蹴る方っていませんか?

フリーキックを蹴るわけじゃないので、この方法は止めた方がいいです。

ロングキックを蹴るときは、あくまで相手とボールに対して直線に位置。要はまっすぐに蹴るのが基本です。

軸足は蹴りたい方向に向けて、上体を起こして₍気持ち後ろに傾ける₎まっすぐに蹴ります。

ボールを当てる場所は足の甲で、親指の少し上でシューズのひもが始まる辺りで蹴るイメージですね。いわゆる、インフロントキックです。

ロングキックを高く飛ばす為の方法。まとめ。

ロングキックが高く飛ばない…という方の改善方法をまとめますと。

  • 上半身を後ろに傾ける。前かがみはNG!
  • ボールに対して斜め後ろから蹴らない。
  • インフロントでまっすぐに蹴る!

最優先で改善して頂きたいのは、蹴るときに前かがみにさせないことです。

上半身を後ろに傾けることを強く意識してみてください。

…浮いているボールならば、高く遠くに飛ばせるんですけどね。地面に着いているボールを蹴り上げるのは難しい技術だということはよく理解できます。

ただ、上記の練習で感覚を掴めば、あんまり強く蹴らなくても意外に高く遠くボールが驚くほどに蹴ることができます。

ロングボールを蹴るのが苦手…という方のお役に立てれば幸いです。

-サッカー

執筆者: