時事ネタ

ホラン千秋はNEWS ZEROを降板させられて、一気にブレイクした苦労人!

投稿日:

smap

バラエティタレントとして、一気に話題を集めているホラン千秋ですが、元々は日テレの番組である、NEWS ZEROの木曜日のキャスターも務めていました。

ただ、番組のテコ入れとして降板させられてしまい、しばらくは鳴かず飛ばずになるのか?と思われていましたが、そこから一気に仕事が増えたとの事。

その後は、バラエティでの出演も増え、同じ青山学院大学出身である田中みな実との小競り合いでお茶の間を沸かす事になっています。

関連記事:ホラン千秋は田中みな実が嫌いなのか?ことあるごとにぶつかる両者。

何故?ホラン千秋はNEWS ZEROを降板させられたのか?

ホラン千秋は知的で綺麗なイメージがあるので、何故?NEWS ZEROを降板させられたのか?ちょっと気になっています。

ホラン千秋が降板させられて、後を引き継いだ方は山岸舞彩でした。

ところが、視聴率が上がらない番組のテコ入れとして、ホラン千秋を降板させ、NHKスポーツニュースで人気を博した山岸舞彩を起用しましたが、結局、視聴率は回復せず…

別にホラン千秋を降板させる必要はなかった。という声も出てきています。

その背景には、山岸舞彩にパワハラを行い、NEWS ZEROの番組プロデューサーを解任された人物の意向が強かったと話題でした。

その番組プロデューサーは、目についた女性は手当たり次第に口説きにかかり、山岸舞彩はそのプロデューサーのパワハラ行為にノイローゼ寸前まで追い込まれたとの事。

そのプロデューサーは、ホラン千秋にもかなり執拗に迫っていた様ですが、あの性格ですから全く取り合わなかった様です。

そういうみっともない経緯もあり、ホラン千秋はNEWS ZEROを降板させられた?との噂もある位でした。

ただ、後任の山岸舞彩があそこまで追い込まれたという事を考えると、ホラン千秋はNEWS ZEROを降板させられて良かったのかもしれません。

バラエティやレポーターとして引っ張りだこになったホラン千秋。

やはり、ハーフタレントの強みと言いますか、NEWS ZERO降板後は得意の語学力を活かしてNHK WORLD「imagine-nation」でMCを担当したりしていました。

他にも、レポーターやバラエティ番組に出演し、活躍の場を広めていった様です。そして女優としても映画『黒執事』にも出演。

他、ドラマにも脇役ですが、出演回数を増えて、様々なフィールドでホラン千秋は活躍の場を得ていきました。

元々、知的な容姿を持つハーフの女性で、報道番組のキャスター経験もあればテレビ局側も放ってはおかないと思います。

見た目と裏腹に華やかな生活は送っていなかったホラン千秋…

ハーフであれだけの容姿を持つ上に、青山学院大学出身と言えば、華やかな青春時代を送ってきたと思いきや、実際はそうでもなかったみたいです。

大学と言えばサークル活動ですが、彼女はそういう活動は一切せずに過ごしたとの事。

青山学院時代の思い出は、学業とスーパーのアルバイトという、ちょっと勿体ない青春を過ごしてしまった様ですね。

芸能活動は女優として、実は14歳から始めてはいますが、その時の代表作として経歴に残せるのは、『魔法戦隊マジレンジャー』の悪役娘…

そして、周りからの押しもあったのでしょうか?ただ、ホラン千秋は女子アナを志すも、民放テレビのアナウンサー試験は見事に全敗した…との経歴も持っています。

NEWS ZEROに起用するのであれば、日テレは採用しとけばいいのに…

この様に見た目とは裏腹に、一通りの苦労を経験し、社会の厳しさも経験しているのがホラン千秋です。

今後、芸能界でどういう売り方をしていくのか?気になるホラン千秋。

ホラン千秋は『器用貧乏』というイメージをなんとなく持っています。

芸能界での立ち位置を考えると、モデルとしては、身長が160cmしかなく微妙…

知的なイメージがありますが、キャスターなどの仕事を務めるにはキャリアが微妙…

顔立ちは綺麗ですが女優として売り出す程、演技力もなく華もない…

バラエティタレントとしては、小気味よい毒舌が受けていますが、まだまだ場数が足らず、本職の芸人に比べて、番組の空気を読む力量も微妙…

ただ、マツコ・デラックスがホラン千秋のバラエティに対するポテンシャルを評価しており、そちらの方面で売っていく事が現実的なんですかね?

関連記事:ホラン千秋をマツコ・デラックスが絶賛している理由は何なのでしょうか?

ただ、ホラン千秋に対するバッシングもちょっと出てきているので、その辺りが気になるところです。

関連記事:嫌われているホラン千秋…続々とネット上に批判が集中!

バッシングは、注目されれば必ず出るものです。ですが、それを狙った売り方をすると一気に安っぽいタレントになりますので、気を付けた方がいいですよね。

今のところ、『コレといった強い売り』がないホラン千秋の今後が、興味深いです。

-時事ネタ

執筆者: