サッカー

イングランド期待のフォワード。ハリーケインのプレースタイルについて。

投稿日:

kein

ユーロ2016が、6月11日の土曜日に開催されます。

開幕戦はテレビ朝日で午前3時40分から放送予定です。さて、そんなユーロ2016ですが、期待のチームは何といってもイングランドだと思います。

一時期、タレントが全く育ってこない…と嘆かれていましたが、近年になり、ハリーケイン、デレ・アリ、ストーンズなどの選手が育ち、FW、MF、DFに芯が一本、通った感じです。

今回はイングランドで活躍が期待される、ハリーケインのプレースタイルについて紹介したいと思います。

レンタル移籍を繰り返し、エリートとは呼べないキャリアのケイン。

b43b9752864cf4a706d0596eea61908a_s

若干、22歳の年齢でイングランド代表のセンターフォワードのレギュラーを勝ち取ったケインですが、意外にもキャリアはエリートとは呼べないでしょう。

ウェイン・ルーニ―も22歳の頃は、イングランド代表の不動のエースでしたが、彼は16歳でエバートンで頭角を現し、18歳の頃には強豪マンチェスターユナイテッドに移籍。

10代の頃から期待されたエリートコースを歩んできたのがルーニーでした。

ただ、ケインの場合は違います。元々、所属しているトッテナム・ホットスパーの生え抜き選手ですが、重宝はされず、レンタル移籍の繰り返し…

レイトン・オリエント、ミルウォール、ノリッジ・シティ、レスターシティとたらい回しにされてしまいます。

2014年にトッテナムに復帰。パフォーマンスが良くなかったロベルト・ソルダードに代わり、新たに就任したポチェティーノに抜擢され、ケインはスタメンの座を掴みます。

スタメンを掴んでからのケインは得点を量産し、一躍、トッテナムを牽引するセンターフォワードとしての地位を不動のものにしました。

そこからのケインの活躍は周知でしょう。2年連続20ゴール以上、今年はレスターシティとのリーグ制覇を最後まで争う、原動力として活躍しました。

ケインの長所は圧倒的なシュート精度とパフォーマンスの安定性。


ケインのプレースタイルは、ボックスストライカーに最も近いと思います。

スピードを活かしたラインブレイクによってゴールを量産するタイプではなく、バイタル、ぺペナルティエリアにどっしりと構えて、得点を重ねるタイプです。

とりあえず、下記動画をご覧ください。

得意な得点パターンは、恵まれた体格を活かした懐深いボールキープからのミドル、ロングシュートですね。

ケインの身長は188cm。大柄な選手です。ドリブルのストライドは大きく、それなりのスピードを出しながらもボールを懐に納める事が出来るので、カウンターの起点にもなれます。

懐深くボールをキープしながら、自身のシュートエリアまでボールを持ち込み、精度が高くシュートを放ち、得点を量産するのを得意としています。

屈強なプレミアリーグのディフェンダー相手でも、競り合いでは全く負けない、フィジカルの強さを見せ、空中戦の競り合いも負けません。

シュートモーションも速く、不利な体勢、振り向き様でも信じられないシュートを放つので、ディフェンダーにとっては気が抜けない選手がケインです。

少しでもチェックを甘くすれば、どんな位置からでもゴール枠内にどんどんシュートを撃ってきますので、敵に回せば心臓が悪くなる思いをさせられます。

また、エゴイスティックなプレーは行わず、泥臭くディフェンスにも参加し、味方を活かすプレーも厭わない利他的な選手でもあります。

自らが囮になり相手のマークを引き付けたり、無理だと判断すれば簡単にボールを味方に預ける効率の良いプレー判断もできます。

怪我も殆どせず、パフォーマンスが安定しているのもケインの長所です。プレーにムラが無いので、使いやすいタイプですね。

ケインの短所は、大柄な体格が災いしているのか、クイックネスに問題を抱えています。

要は小回りが利かない選手です。スピードは決して遅くはないんですけど、細かい動きがあまり得意ではない様で、敵味方が密集する場所では消えてしまいます。

以上の長短所を考慮すると、1トップを最も得意とするプレースタイルを持つセンターフォワードがケインです。

ユーロ2016という大舞台で活躍すれば、ワールドクラスのストライカーに!

ケインがイングランド代表として、ユーロ2016で大活躍出来れば、彼は一気にワールドクラスのストライカーとして認知されるでしょう。

彼はプレミアリーグでの実績は申し分ないのですが、ヨーロッパを舞台とした大会で未だ実績を残せてはいません。

…というよりも、まだ、チャンピオンズリーグ、ユーロ、ワールドカップに参加した事がないんですね。

ユーロ2016はケインにとって、初の大舞台でしょうから、それなりに意気込んでプレーをすると思われます。

まだまだ、若い選手なので伸びしろは多いと期待されているハリーケイン。今後の活躍に期待したいですね。

-サッカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

香川真司は何故?ギュンドアンよりも評価を得る事が出来ないのか?

ドルトムントに所属する香川真司の立場が微妙になってきています。 当初は監督であるトゥヘルに重宝され、インサイドハーフとして不動のレギュラーになり、好調を維持してきました。 ところが、トゥヘルによる守備 …

ウェイン・ルーニーは衰えた?マンチェスターユナイテッドを支えたストライカーの今後は?

巨額の補強費を投じながら、結果があまり伴っていないマンチェスターユナイテッド。 『スペシャルワン』と自称するジョゼ・モウリーニョを監督に就任させましたが、現状では芳しい成績を残せてはいません。 そして …

香川真司の不調について。トゥヘル率いるドルトムントに何が起こっているのか?

ブンデスリーグのクラブチーム、ボルシア・ドルトムントに所属する香川真司ですが、最近、めっきりと調子を落としている様です。 リーグ前半戦は不動のレギュラーでしたが、後半戦から監督であるトゥヘルの戦術変更 …

本田圭佑をボランチにコンバートしてもいいのではないでしょうか?

  質が良いとは言えないサッカー日本代表のボランチに本田圭佑をコンバートしてもよいのではないでしょうか?   本田圭佑は所属するACミランでの首脳陣との確執、監督交代、戦術変更にも …

サッカーのドリブルでキープ力を身に着ける方法について。

学生の方や社会人の方で、サッカーを楽しまれている方が多いと思います。 『試合ではドリブルをすると相手に簡単に奪われるから、ボールを持ったら奪われる前に球離れを早くしたい』 そうですよね。サッカーでは手 …