時事ネタ

ハスキー声は関係がない!橋本環奈が伸び悩む本当の理由とは?

投稿日:

橋本環奈がイマイチ伸び悩んでいる雰囲気を感じます。

対して、よく勝手に比較されている広瀬すずの勢いは、加速する一方です。

関連記事:橋本環奈と広瀬すずはどちらが可愛いのか?男女で分かれる好みの差。

彼女の評判は最悪レベルですが、芸能界の若手女優としては最も注目される事になってきています。

容姿で比較すれば、橋本環奈は広瀬すずに負けるどころか勝っている節もあるんですけど、それだけではブレイクしないのが芸能界です。

注目度が高かったのに、橋本環奈は何故?伸び悩んでいるのでしょうか?

橋本環奈が伸び悩んでいるとされる『ハスキー声』は、全く関係はないです。

橋本環奈がイマイチ、ブレイク出来ないのは本人も気にしている『ハスキー声』とされていますが、それは全く関係ないです。

むしろ、あのルックスとのギャップがある声が芸能人としての売りになっている部分がある位ですので。

あんなに可愛らしい顔をして、喋り出すと思った以上の低い声…ですが、このギャップこそが彼女の知名度アップに一役買っていたんです。

ですので、橋本環奈は声に問題を抱えているから伸び悩んでいる…というのは全くの検討違いです。

しかし…彼女はホントに綺麗というか可愛い顔立ちをしていますよね。

彼女を描いた鉛筆画をアップロードされている方がいるのですが、それを見ていると、どれだけ彼女の顔立ちが素晴らしいのかがよく分かります。

顔立ちだけでいったら、芸能界でも彼女に勝る方はいないんじゃないですかね?誇張している訳ではないですよ。

橋本環奈が伸び悩んでいる本当の理由は、彼女の売り込みが弱いから。

橋本環奈が伸び悩んでいる理由は、彼女が所属する事務所に関係していると思われます。

橋本環奈は未だに、ダンスボーカルアイドルユニット「Rev. from DVL」のメンバーの一人であり、所属する事務所は九州を拠点とする『アクティブハカタ』です。

芸能事務所として設立したのは1991年という、比較的、若い会社です。

九州を拠点に活動をしていて、橋本環奈のブレイクもあり、今後、東京、関西方面にも展開を目指しているとの事です。

橋本環奈という思わぬ『金の卵』を抱えた芸能事務所ですが、まだまだ、業界に対する規模と人脈が弱いのは否めません。

しかも、橋本環奈を世間の注目の的にさせたのは、この事務所の営業力ではなく、一般人の方の写真がきっかけでした。あの『奇跡の一枚』ですね。

関連記事:橋本環奈の「奇跡の一枚」を撮ったカメラマンは誰?

事務所の営業力としては、映画『セーラー服と機関銃‐卒業‐』の主演に橋本環奈を据えたのが精一杯だったのだと思います。

興行成績は大惨敗といってよかった『セーラー服と機関銃‐卒業‐』ですが、公開前から不振は噂されていました。

長澤まさみがリメイク版で主演し、更に橋本環奈が主演する事になったのですが、今時、『セーラー服と機関銃‐卒業‐』を若い人が見るの?

という疑念は業界関係者にはあったそうです。

案の定、映画は大失敗。橋本環奈の初主演は、ほろ苦いどころか『彼女はここがピーク』とも評価されてしまった印象を受けます。

世間では『もう少し、マシな映画やドラマに橋本環奈を主演させる事はできなかったのか?』という声が多かった様です。

憎っくき、広瀬すずを追い落とせるのは、橋本環奈しかいない!と期待されていたのですが、どうやら、それは難しそうですね。

広瀬すずの所属する芸能事務所『フォスター』はそれほど大きな芸能事務所ではないですが、所属するタレント、実績、人脈において『アクティブハカタ』とはレベルが違います。

広瀬すずという若手女優を人気漫画のリメイク、話題の映画の主演に据える営業力を持っています。

橋本環奈は所属する芸能事務所の影響によって、そのタレント性を最大に活かせる仕事が出来ないというところが痛いですね。

そもそも、橋本環奈が伸び悩みと言われるのは、注目度に対して見合った結果を芸能界で出していないからなんですよね。

ただ、それは彼女の責任ではなく、その場を与えられない事務所の力量に拠ります。

-時事ネタ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベッキーがCMの違約金、約4億円を支払わなければならない理由とは?

不倫の代償は高く付きましたね。 ベッキーと契約していたCM各社に対し、違約金が約4億円も発生するとの見込みです。 さて、この多額の違約金は誰が支払うのでしょうか? そもそも、この『CMの違約金』とは何 …

能年玲奈は現在、何をしているのか?芸能界復帰の見込みはあるの?

NHK朝ドラ『あまちゃん』で一躍、有名になった能年玲奈ですが、現在は事務所独立騒動などもあり、テレビ、ドラマの出演がなくなっています。 ただ…所属しているレプロエンターテインメントを辞めた訳ではなく、 …

浜崎あゆみの若作りが痛々しい…ピンクメッシュはやり過ぎでしょう…

もはや、本業である歌手活動では殆ど話題にならない浜崎あゆみ。 チケットも殆ど売れず、ライブ内容も酷評。手が付けられない状況です。 全盛期の浜崎あゆみを知っている方々は、もう、現在の浜崎あゆみを見ている …

鈴木奈々の毒舌にはウンザリ…計算かもしれないが不快でしょうがないとの意見も。

タレントの鈴木奈々の毒舌ぶりにはウンザリ…という声が増えてきているようです。 不倫騒動からバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』を事実上、降板したベッキーの代わりに鈴木奈々が抜擢され、他のバラエテ …

香取慎吾の主演するドラマは何故?低視聴率を連発するのか?

SMAPの香取慎吾主演である、TBS系の日曜ドラマ『家族ノカタチ』の視聴率が一桁台に落ち込みました。 元々、前作の『下町ロケット』の良い流れを受け、高視聴率の獲得を目指していた筈ですが、蓋を開けてみれ …