サッカー

何故?香川真司が日本代表のスタメンを外されなければならないのか?

投稿日:

kagawa

ハリルホジッチ監督率いるサッカー日本代表の試合で、どうしても腑に落ちない点があります。

何故?香川真司が日本代表のスタメンを外されているのか?

非常に理解に苦しみます。ハリルホジッチは口先ばかりは達者ですが、采配、起用方法に一貫した信念は見受けられず、日本代表の弱体化に拍車を掛けています。

日本代表では1番の実力者である香川真司が何故?ベンチなの?

日本代表がUAEに敗れてから、不思議なのですが香川真司に対するバッシングが加速しています。

確かにUAE戦での香川真司は、あまり調子の良いパフォーマンスを見せてはいなかったですが、スタメン落ちをさせられる程の酷いプレー内容ではありませんでした。

何故か?サッカーファン?や一部のマスコミからは、本田・香川の時代は終わったと風潮され、香川真司をスタメンから外すべきという論調が目立ち始めています。

スポンサー枠で出場を優遇されているなどとも叩かれていますね。

ですが、本当におかしいと思うのは、香川真司というサッカー選手の実績・実力は、日本代表でも1番であるという事は間違いない筈です。

関連記事:香川真司は日本代表で何故、活躍できないのか?その理由について。

それなのに、彼がここまで叩かれている理由が本当に理解できません。

清武弘嗣の方がトップ下の選手として優れているので、香川真司がスタメン落ちした事は良い流れなとという雰囲気は絶対におかしいです。

どう考えても、清武弘嗣は良い選手ですが、香川真司よりも優れた選手とは到底、言い切る事が出来ません。

ロングボールとフリーキックの精度は高いですが、狭い局面での攻防と打開力、得点力は香川真司に清武弘嗣はトップ下の選手として大きく劣ります。

大体、この二人の実力者の内、どちらかの選手がベンチ行きという状況がおかしいです。

清武弘嗣と香川真司を同時に起用できないハリルホジッチの能力の無さ。

何故?ハリルホジッチは中盤の構成をダブルボランチ+トップ下+サイドハーフの布陣にこだわるのでしょうか?

攻守の切り替えを速く行い、縦に速く展開したいのであれば、中盤をフラットな陣形、もしくは4人ではなく、3人にした方が効率よくチームが連動出来ると思うのですが…?

ダブルボランチ+トップ下+サイドハーフの布陣の場合、人数が多い為、攻守の段階でかなりポジションが流動的になります。

攻守の切り替えを早くするには、切り替える時点での選手の位置関係が重要になります。

ポジションが流動的になると、狙った陣形に立て直す為に時間が掛かるのです。

時間が途切れないサッカーでは攻守において、狙いとする陣形と態勢というものがあります。それを素早く行えれば攻守の切り替えが速くなるんですね。

ですので、攻守の切り替えを素早くしたいのであれば、選手の位置関係があまり流動的にならない布陣を敷くのがセオリーになります。

ですので、ハリルホジッチが理想とするハイプレス、ショートカウンターを実現させる為には、あまり選手の位置関係が動かない中盤の布陣が最適の筈です。

それなのに、何故かは分からないのですが、1トップを基本とした4-2-3-1を基本とする陣形を敷いてくるんですよね。

この4-2-3-1という布陣は、中盤の選手を多くし、ボール支配率を高める事を狙いとする布陣です。

要は、ハリルホジッチが嫌悪する『ポゼッションサッカー』の布陣なんですよ。

ハリルホジッチの言っていることと、やっている事がチグハグなので理解に苦しみます。

攻守の切り替えを早くしたいのであれば、4-4-2、もしくは前線に3人を配置する4-3-3が基本です。

もし、4-4-2を採用するのであれば、フォワードとディフェンスラインの人材は日本代表に揃っているのですけれども、中盤の中央を担当する選手に問題が出てきます。

センタ―ハーフというポジションですね。

4-4-2のセンターを任される中盤の2選手は、攻守に渡り、プレーエリアが格段に広く、運動量、シュート力、戦術眼、強靭なフィジカルが要求されます。

現在の日本代表では、トップ下とボランチの選手は存在するのですが『センタ―ハーフ』と呼ばれるポジションを務められる適正を持つ選手が見当たりません。

柏木陽介、大島僚太、山口蛍は長所が攻守のどちらかに偏った選手なので、出来ないとは言えませんが、向いている選手達ではないでしょう。

長谷部誠はこなせる可能性はありますが、彼を器用するならば、もう一人のセンターハーフは競り合いに強く、ミドルシュートを得意とする選手が必要になります。

唯一、適正があると思われるのは、本田圭佑なのですが、彼もやる気はない様ですし、頑迷なハリルホジッチでは、そこまで柔軟は采配はできる筈がありません。

関連記事:本田圭佑をボランチにコンバートしてもいいのではないでしょうか?

話を戻しますが、ハリルホジッチが理想とする縦に速く、攻守の切り替えも速くというサッカーを目指すのであれば、4-4-2以外では4-3-3が基本です。

4-3-3の布陣を敷くことの問題は、現在の日本代表では特に見当たりません。

前任者のハビエル・アギーレが採用していましたし、カギとなるインサイドハーフをこなせる選手が日本代表には揃っているからです。

絶好調の原口元気をウイングとして起用すれば、今まで以上に得意なドリブルを仕掛ける事が可能となり、浅野琢磨のスピードをウイングとして利用する事も出来ます。

両サイドに広く展開しながら、原口元気と浅野琢磨の突破力で相手のディフェンスラインを下げ、相手陣内で効果的なサッカーを展開できる可能性が高くなります。

そうすれば、相手陣内で長く攻守の切り替えが行う事が可能となり、ハリルホジッチ監督が理想とするハイプレス+ショートカウンターが実現できます。

中盤のインサイドハーフには、香川真司と清武弘嗣、もしくは本田圭佑を起用すればよいでしょう。

香川真司はドルトムントでインサイドハーフには慣れている筈ですし、清武弘嗣は少し下がり目のプレッシャーが弱い位置から、ボールを伸び伸び展開できると思います。

ただ、以上の起用を行うと守備の不安が出てくるのですが、それはハリルホジッチが目指すハイプレスを狙っていくしかないですよね。

前線に3人の選手が残っているので、高い位置からプレスを掛けてボールを奪っていく事が可能となります。

この様に考え方次第では、閉塞感がある日本代表のサッカーを劇的に変える事が可能と思いますし、香川真司と清武弘嗣を同時に起用する事も可能なんです。

ボランチに人がいない…と嘆く前に、ボランチを不要とするサッカーを目指す方向だってある訳ですよ。

岡崎慎司、本田圭佑、香川真司、長友佑都の力が衰え、日本代表は弱くなったと言われています。

ですが、わたしは日本代表の選手が弱体化したとは全く思っていません。

むしろ、ザッケローニ時代を支えた選手達に原口元気、浅野琢磨、清武弘嗣が加わった現日本代表の方が選手層が厚くなっていると思っています。

日本代表が弱くなっている様に見えるのは、選手達のせいではなく、監督であるハリルホジッチ監督の能力の欠如が原因です。

関連記事:ハリルホジッチの戦術には全く期待できない…避けられない日本代表の弱体化。

この監督のおかげで、日本代表が凋落し、香川真司も不当な評価を受ける様になってしまいました。

香川真司ほどの選手が強豪国でもないのに、スタメンを外されるという事は非常に不可解な話です。

-サッカー

執筆者:


  1. 10番 より:

    馬鹿だな・・・。

    布陣とか采配の問題じゃないんだよ。
    今の香川に何が期待できる?
    ドリブル、キープ力、パスセンス、瞬発力がまるでない。

    イラク戦の失点の時のように目つぶって競り合いにいくようなDF(酒井高徳)が日本代表の時代。
    ちなみにオーストラリア戦のPKにつながるシーンもこのDFが訳もなく前に出て裏を取られたのが原因ですがね。

    香川の存在はある意味「日本代表」にふさわしい。

    要するに選手も見ているサポーターも馬鹿ばっかり。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本代表はロシアワールドカップに出場出来るのか?ハリルホジッチ監督では厳しいかもしれない…

ロシアワールドカップに向けた、アジア最終予選が始まりました。 もはや、ワールドカップに出場して当然。とまで思われている日本代表ですが、なんと、ホームでUAEに2-1というスコアで敗れました。 華々しく …

サッカーのドリブルでキープ力を身に着ける方法について。

学生の方や社会人の方で、サッカーを楽しまれている方が多いと思います。 『試合ではドリブルをすると相手に簡単に奪われるから、ボールを持ったら奪われる前に球離れを早くしたい』 そうですよね。サッカーでは手 …

代表引退を表明したメッシ…バルセロナでの選手生活も引退に近いのか?

バルセロナに所属するリオネル・メッシが、母国のアルゼンチン代表を引退すると表明しました。 メッシの年齢は今年で29歳。代表引退を表明するにはちょっと早いのでは?とも思うのですが、色々と事情がある様なの …

Jリーガーは積極的に海外移籍をチャレンジするべきという理由について。

リーガ・エスパニョーラのSDエイバルに所属する乾貴士選手の発言が話題を呼んでいます。 その内容は『海外クラブに所属したとしても出場機会が限られる可能性が高いので、安易に挑戦すべきではない』日本のマスコ …

香川真司は何故?ギュンドアンよりも評価を得る事が出来ないのか?

ドルトムントに所属する香川真司の立場が微妙になってきています。 当初は監督であるトゥヘルに重宝され、インサイドハーフとして不動のレギュラーになり、好調を維持してきました。 ところが、トゥヘルによる守備 …