サッカー

ハリルホジッチは、このままでは解任されてしまうかもしれない。

投稿日:

hariur

サッカー日本代表のハリルホジッチの鼻息がどうも荒い様ですね。

日本代表、特に国内組を強化しようとする意気込みは激しい様です。ただ、日本代表のレベルを上げたい気持ちは分かるのですが、ちょっとやり過ぎでは?

という声も上がり始めているようです。

そのきっかけは、先日の国内組の日本代表の強化合宿みたいですね。

一連の流れをみていると、このままでは、ハリルホジッチは日本代表監督を解任させられてしまうのかもしれません。

Jリーグのクラブ関係者との軋轢が深まるハリルホジッチ。

ハリルホジッチは日本代表の強化と共に、Jの底上げも提唱しています。

事あるごとに、Jリーグの悪しきプレー習慣を指摘し、改善する様に言及しています。確かにハリルホジッチが言及する事は理解できます。

攻守の切り替えの遅さ、守備時のプレスの甘さ、攻撃時の展開の遅さ。

どれをとっても、Jリーグの欠点を正しく指摘している事は同意します。そして、指摘するまでは、まあ、いいとしても、実際に直接指導するのはどうかと…思うんですよね。

Jリーグが開幕しているにも関わらず、クラブの主力選手を招集して、ハードなトレーニングを課すのは問題だと思います。

しかも、練習試合まで行うとは…やり過ぎだとJリーグクラブ関係者がハリルホジッチにクレームを出すのも理解が出来ます。

大体、招集合宿では練習試合は行わないと約束していたという事なので、クラブ関係者が怒るのは当たり前です。

もし、選手が怪我をしてしまったら、クラブの成績に影響するでしょう。しかも、招集されているのは各クラブの主力選手ですし。

クラブ関係者も選手も、最も恐れるものは『怪我』です。ほんの些細な怪我でもしない様に細心の注意を払っているんですよ。

プロサッカー選手は夏場でも、サンダルなど素足が露出する履物は避けて、必ず靴下を着用して靴を履いています。

指先、足の甲、足の裏に傷を負ったらパフォーマンスに影響するからです。傷を負った足でスパイクを履いて、満足なプレーは出来ませんよね?

そこまで『怪我』のリスクに対して慎重なクラブと選手に、余計なリスクを背負わせる事はやはり問題です。

以上の事情がありながら、代表合宿を強行したハリルホジッチに対する、Jリーグのクラブ関係者との軋轢は深まりつつあります。

もはや、消化試合になりつつありますが、2016年3月24日に行われる、ロシアワールドカップ2次予選である、アフガニスタン戦。

2016年3月29日に行われるシリア戦の成績が芳しくなければ、一気に解任の気配が濃厚になってくると予想されます。

選手を強化、育成するのは代表監督の仕事ではない。それはクラブの仕事。

そもそも、代表選手の技術、体力、戦術眼を強化育成する仕事は代表監督の仕事ではありません。それは、所属する選手のクラブの仕事です。

代表監督の仕事は、自国の優秀な選手を選び、その選手達に見合った戦術を構築し、能力を最大限に引き出す事が仕事の筈です。

ハリルホジッチは、体脂肪率が12%以上の選手は代表落第などと言及していますが、これはおかしな話です。

そんなに体脂肪率が気になるのなら、基準の12%以上の選手は招集しなければいい話です。

自身が招集した選手に対して、後から体脂肪率の話をするのはおかしいんですよ。

どうも、この監督は自身で代表を育てあげたい気持ちが強い側面を持っている様ですが、上述した様に、選手の育成強化はクラブの仕事です。

ハリルホジッチは代表監督ではなく、クラブ監督向きの人。

選手を育てたい。強化したい。という気持ちはよく分かります。

サッカーに取り組む姿勢は、歴代の代表監督の中でも、最も強い人かもしれません。

ただ、その姿勢は代表監督の仕事と違うのではないかと思うんですね。

限られた戦力でやりくりするしかない

これが代表監督の基本の筈です。未熟な選手しかいないのであれば、未熟な選手だけで、やりくりして試合に臨むのが代表監督の務めです。

招集した選手に技術向上などを求めてはいけないんです。

しょうがないんですよ。フォワードにメッシクラスの選手がいれば勝てた。とか。ボランチにポグバみたいな若手が育たないから勝てない。とか絶対に口にしてはいけないんですよ。

ハリルホジッチもプロならば、それは受け入れなければならないでしょう。どうも、その辺りを勘違いしている様な気がします。

ワールドカップに参加出来ない様な弱小国の代表監督でも、知恵を絞って、戦力がないならないなりに最大限の成績を出そうと努力しています。

代表監督という仕事の本文を履き違えている様な気がしますが、ハリルホジッチの熱意は素晴らしいと思います。

この人は、代表監督ではなく、クラブ監督向きの人ですよね。もし、代表監督を解任されたら、Jリーグのクラブ監督を目指してはどうでしょうかね。

-サッカー

執筆者: