時事ネタ 有吉弘行

坂上忍と有吉弘行の毒舌の違いは何なのでしょうか?

投稿日:2016年1月29日 更新日:

sakagami

最近、頻繁にテレビの露出が増えてきましたね坂上忍さん。出だしから大失敗のフジテレビの昼番組『バイキング』月曜日の司会にも抜擢され、旬の芸能人と言えるでしょう。

ただ、坂上忍さんがここまで注目されるきっかけとなった『毒舌』ですが、アレは『毒舌』と考えていいのでしょうか?

更に同じ『毒舌』で有名な有吉弘行さんと比較される事もあり、毒舌王のポスト有吉弘行と坂上忍さんが世間から騒がれているような気がします。

しかし、わたしの意見を言わせてもらうと『毒舌」という分野に関しては、坂上忍さんは有吉弘行さんの足元にも及びません。

頭の回転、会話の合いの手、場の盛り上げるトーク、どれを取っても、坂上忍さんは有吉弘行さんでは役者が違いすぎます。

もっと言うと、坂上忍さんの人を蔑むような発言は『毒舌』ではなく、ただの『悪口』です。

有吉弘行と坂上忍の毒舌スタイル違いについて

有吉弘行さんは結構、グラビアアイドルやタレントを含めて、エゲツない『毒舌』を吐きます。ただ、彼の『毒舌』は笑えるんですよ。

そこが坂上忍さんとの大きな違いですかね。確かに、坂上忍さんは言い辛い事もハッキリと良いので、見ていて気持ちがいいとうか、スカッとする事は確かにあります。

ロンドンハーツで益若つばささん対して発言した毒舌は、わたしも含めてだと思いますが、世間の方々も「坂上!よく言った!」と溜飲を下げた事でしょう。

その後の益若さんの鬼のような顔はちょっと凄かったですね(笑)。鬼若さん…って感じでしょうか?スタジオの雰囲気もかなりピリピリしていたと思います。

ただね。有吉弘行さんも散々、益若つばささんに『毒舌』をロンドンハーツで吐きまくってきたんですよ。でも、益若さんは有吉さんに対して、怒った事は無いと思います。

関連記事:有吉弘行と益若つばさは結構、仲が良いのではないでしょうか?

それどころか、益若さん自身が痛いところを突かれ過ぎて、よく笑っていたじゃないですか?

それに益若さん以外のタレントも散々、彼に『毒舌』を吐かれていますが、何故か?嫌われてはいないんですよね。

怖がられているのはあるようですが。

関連記事:有吉弘行は何故、人気があるのか?どん底から再ブレイクした理由とは?

有吉弘行の毒舌流儀とは?

わたしから見た有吉弘行さんの毒舌流儀はこうです。自分の置かれた立場を棚に上げて、おかしな言動をしているヤツを叩く!

これが、有吉さんの毒舌スタイルだと思うんですよ。基本的に有吉さんは、どんなどうしようもない人にも、一応、敬意を払っているスタンスが見られます。後々、エゲツなく罵る事になったとしてもです。

有吉さんは、滅茶苦茶な事を言ってる人の話でも、しばらくはしっかりと話を聞くんですよ。変な合いの手を入れずに、上手く聞き手に回ります。

そして、話を聞いている内に「コイツ、自分の置かれた状況に対して、言っている事がおかしいんじゃねーか?」という段階になって、初めて相手に『毒舌』をいい放ちます。

例えば、彼がグラビアアイドルによく放つ典型的な『毒舌』は、「意外に清純派なんですよ~とかカマトトぶった事を言うグラビアアイドルとか偶にいるけど、そもそも、そんなヤツが水着の格好で肌を露出させて写真を撮らせるのかよ?

こんな感じですよね。状況と言動がおかしい人には容赦がないです。ただ、酷い言葉は使いますが、例えば不細工な人でも、その状況に応じた言動をしていれば有吉さんは叩かないんですよ。

後、基本的に自分の目の前にいない人も叩かないですよね。まあ、ラジオではネタ的に叩いている人もいますが…

坂上忍の場合の毒舌は…

坂上忍さんは結構、痙攣的な形で『毒舌』を言い放ちますよね。頭に浮かんだら、スグに発言みたいな感じで短絡的です。

それに彼の場合、『毒舌』の根拠はあくまで「自分の信念」なんですよね。自分が基本というタイプです。そして彼もそれを認めているようです。

『毒舌』を言い放つ対象者に対しては、全く敬意を払っている様子は見られません。生理的に合わないとか、かなり自分の感情に忠実なようです。

場の雰囲気も読んでいないようですね。番組を盛り上げていこう!という協調性も全く見受けられません。あくまで、「自分のスタンス!」

それが坂上忍さんの特徴であり、『毒舌』のスタイルだと思います。

まあ…そのマイペースな毒舌スタイルが良い方向に作用する事も稀にあります。

関連記事:坂上忍は嫌いだけど、リオ五輪サッカーに対する意見は賛成の声が多数!

最後に

わたしは坂上忍さんが嫌いな訳ではありません。彼は自分のスタイルを貫いているだけで、偶々、現在の芸能界でそのスタイルに需要が多いという状況だと思います。

ただ、坂上忍さんの『毒舌』はわたしが思うに、アレはただの『文句』か『悪口』のレベルです。

毒舌』っていうのは、相手に敬意を払った上で、客観的におかしい事を指摘するものだと私は思っています。

記事一覧:チェンジングモート

-時事ネタ, 有吉弘行

執筆者: