サッカー

ハリルホジッチの戦術には全く期待できない…避けられない日本代表の弱体化。

投稿日:2016年3月25日 更新日:

hariur

ロシアワールドカップに向けた、予選を日本代表は消化しています。

相手は格下も格下で、シリア以外はマトモなプロ選手も存在しない代表国相手の対戦が続きました。

ハリルホジッチ率いる日本代表は無失点で勝利を重ねていますが、全く評価できない内容が続いています。

選手それぞれの働きは素晴らしいですが、監督のハリルホジッチの采配などには不満が残ります。

日本サッカー協会は早急にこの監督を解任しなければ、日本代表の弱体化に歯止めが掛けられないと思います。

単純かつ引き出しの少ない戦術、そして退屈で雑な攻撃…

ハリルホジッチは、ハイプレスからのショートカウンターを目指すサッカーを志向したいと常々、発言しています。

ただ、彼が日本代表の監督に就任してから1年以上が経過していますが、明らかに彼が用いる戦術は日本代表を弱体させています。

従来のポゼッションサッカーを捨て、縦に速い攻撃を。と言及していますが、単純に雑な縦パスを繰り返すばかりを選手に強いている状況です。

もしくは、サイドに展開し、ひたすらにセンタリングの一辺倒…。中央からパスをつなぎ連携で崩す展開は、ハリルホジッチが監督に就任してから見た事がありません。

連携など皆無で、単純に縦にパスを出すか、サイドからセンタリングを遮二無二、放り込むだけの単純なサッカーしか展開していないんです。

見ていて、退屈極まりないサッカー…それが、ハリルホジッチが目指す、良く分からないサッカーです。

選手にレベルアップを厳しく要求はするが…

ハリルホジッチは招集した選手に厳しくレベルアップを要求しています。

体脂肪を落とせ、筋肉を付けろ。などなど、キリがありませんね。思うんですけど、選手には質を要求する癖に、自分に対してはどうなんでしょう。

代表選手がプレーしやすい戦術、組み合わせ、采配をしているのか?

甚だ疑問が残ります。クラブチームではないんですから、自分が招集した選手にレベルアップを求めるのは、代表監督としてナンセンスです。

自分の要求に満たない選手は『呼ばなければ』いいんですからね。Jリーグは開幕しているのに、無理に合宿に招集し激しいトレーニングを強いるとか滑稽です。

関連記事:ハリルホジッチは、このままでは解任されてしまうかもしれない。

体脂肪率とか招集した選手に注文を付ける位ならば、呼ばなければいいんですよ。

自分の色を日本代表で強く出したいという願望が強く見える傲慢な監督です。大体、どこの代表監督も自分の希望に適う選手を招集できる筈がありません。

招集した選手が実力不足でも、なんとかやりくりをするもんです。それが、代表監督の仕事の筈です。

それなのに、自分の代表監督の力量を棚に上げ、選手にはレベルアップしろなどとは、怠慢もいいところです。

更には、アジア2次予選で対戦したシンガポール、カンボジアに対し、『引きこもっていては自国のサッカーは発展しない。もっと、攻撃をするべき

余計なお世話ですよね。シンガポール、カンボジアの監督は、華々しいキャリアを持つ日本代表に対し、善戦する為に必死に知恵を絞りだしているんです。

そんな事を言うのならば、ブラジル、スペイン、アルゼンチン、ドイツ相手に攻撃的なサッカーを仕掛けるのか見てみたいものです。

強豪国との対戦でボロは出てくる筈。

アフガニスタン戦の大勝で、随分、お喜びの様ですが、あの試合は何の参考にもならないし、日本代表の力量を図る事も出来ません。

あの試合は、誰が代表監督を務めても、大勝できる相手です。戦術などというものはなく、単にロングボールを放り込んで、こぼれ球を押し込むだけのサッカーじゃないですか。

岡崎慎司と清武弘嗣の個人技で勝ったに過ぎず、連携などなく、大差がつき始めてからは各選手が好き勝手なプレーをし出すばかりで、チームの規律など皆無でした。

大体、ハリルホジッチは『デュエル』とかいう造語を勝手によく喋っていますが、全然、デュエルなんて選手は行っていないじゃないですか。

引いている相手には仕方がないですが、サイドばっかりに展開して、センタリングをさせるばかりで、中央でドリブルを仕掛けさせるとかの指示はないですよね。

デュエルって、もっと果敢にリスクを背負って、1対1を仕掛ける事じゃないんですか?

カンボジア、アフガニスタン、シンガポールクラスの相手ならば、どんどん中央からデュエルを行うべきなのに、サイドからセンタリング一辺倒…

だから、シンガポールにホームで引き分けたりするんですよ。

日本代表には原口元気など、良いドリブラ―がいるのに全然、仕掛けないので勿体ないです。

日本代表は口先ばかりで傲慢なこのハリルホジッチという監督を解任しないと、弱体化を加速させるだけだと思います。

そもそも、この監督より、『欧州の最前線で戦っている岡崎慎司、本田圭佑、香川真司達の方が、絶対にサッカーに詳しいと思うんですけどね

余計な口出しはせず、選手達がやりやすい環境づくりだけをしていればいいんですよ。

 

-サッカー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Jリーグの守備力を向上させるには、ディレイ中心の方法を改めるべき。

クラブワールドカップでレアル・マドリードと真っ向から勝負を挑み、惜しくも負けてしまった鹿島アントラーズ。 ただ、Jリーグの1クラブがここまで、世界を代表するクラブであるレアル・マドリード相手に奮戦する …

代表引退を表明したメッシ…バルセロナでの選手生活も引退に近いのか?

バルセロナに所属するリオネル・メッシが、母国のアルゼンチン代表を引退すると表明しました。 メッシの年齢は今年で29歳。代表引退を表明するにはちょっと早いのでは?とも思うのですが、色々と事情がある様なの …

レスターシティの守備が固い!失点率が著しく低いラニエリの戦術とは?

さて、プレミアリーグも残すところ6試合となりました。 レスターシティの勢いは全く衰えません。ここに来て、4連勝中です。 優勝へのㇷプレッシャーが強くなる終盤戦には、レスターシティは失速するという予想で …

ハリルホジッチ更迭?手倉森誠の日本代表コーチ復帰に見え隠れする思惑。

サッカーU-23日本代表の監督を務めていた手倉森誠が、正式に日本代表のコーチに復帰しました。 U-23日本代表の監督をリオオリンピック終了と辞任し、しばらくは充電期間をおいた後、Jリーグのクラブを率い …

サイドバックバックの役割と動き方で意識すべき事について。

現在、サッカーのポジションでサイドバックの人材が世界的に不足しています。 理由は、戦術の進化と共にサイドバックに求められる役割が多く求められる様になったからです。 守備戦術が時代と共に進化し、攻撃は中 …