時事ネタ

新垣結衣の性格は明るそうで、実は暗い?本当は人前に出るのも嫌な様です。

投稿日:

aragakiyui

ドラマ『逃げるは恥だか役に立つ』で注目度がうなぎ上りの新垣結衣。

彼女の魅力は、ずば抜けた容姿だけでなく、活発で可愛らしい雰囲気がウケているのだと思われます。

…ただ、実際の新垣結衣は、引っ込み思案で人前に出ることも本当は好きではないという地味な性格の持ち主という事です。

ドラマを見る限り、充実した私生活を送り、社交性も高く、友人も多い印象を受けますが、休日は殆ど自宅に引きこもっているみたいですね。

新垣結衣の性格について過去のエピソードを交え、掘り下げてみましょう。

沖縄に住むお姉さんに進められて、ニコラの人気モデルに。

新垣結衣は沖縄県の出身で、三姉妹の末っ子との事です。

もともと、モデルとか芸能界には全く興味はなかったようですね。むしろ興味を示していたのはお姉さんの方だったらしいです。

ただ、新垣結衣のお姉さんは身長があまり高くはなかった様で、モデルになることを断念し、背の高い妹である新垣結衣に自分の夢を託したのだとか。

彼女はお姉さんの勧めで、読者モデルオーディションに合格。そして大手の芸能事務所であるレプロエンタテイメントに所属することになりました。

事務所所属後はニコラの人気モデルとして活躍。

その後は女優業にシフトしていきますが、あんまり芸能界の雰囲気には慣れなかったみたいですね。

新垣結衣は自身が望んで芸能界に入ったわけではなく、お姉さんの後押しがあったから、モデル、女優として活動を続けることになったのです。

芸能界を目指す子は自己顕示欲が強く、望んで入る子ばかりですが、新垣結衣はちょっと事情が違うんですね。

戸田恵梨香のおかげで、ドラマ出演が嫌になったみたいで…

新垣結衣は人気ドラマにちょくちょく出演することになっていきますが、彼女はドラマに出演する事はあまり好きではなかったようですね。

長時間、拘束される上、出演者ともコミュニケーションを取っていかなければならない状況が嫌だったみたいです。

そして、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』で共演した戸田恵梨香の強烈な性格にすっかり参ってしまったとの事。

撮影現場の雰囲気は彼女のおかげで張り詰めたものになり、セリフを間違えるものなら、陰で何を言われるかわからない…

そういう殺伐として雰囲気の中、撮影に臨まなくてはいけない状況におかれた新垣結衣は、ドラマの撮影を早く終わらせて、故郷の沖縄に帰りたいと事務所に懇願していた様です。

無事、戸田恵梨香と共演した『コードブルー』のドラマは終了したみたいですが、新垣結衣はドラマは控えて、人との関わりが少ないCMやモデル活動をメインを希望しました。

女優をされる方は、結構、美人ですが強烈な個性を持っている人も多く、普通で引っ込み思案な性格を持つ新垣結衣は、接するのがきつかったみたいですね。

ポッキーダンスも嫌で仕方がなかった…と言いつつ、ダンスに妙な縁がある新垣結衣…

人前に出る事が嫌で複雑な人間関係も苦手である新垣結衣が、一躍、有名になったのは、ポッキーのCMで溌剌と踊る様子が世間に受けた事ですよね。

かなり、ノリノリで踊っていますが、本当は嫌で仕方がなかったと新垣結衣は語っていました。

そのポッキーダンスの動画です。

懐かしいですね。そして、彼女は何故だか関わるCMが嫌がるダンスをさせられているのが、面白いというか妙なところです。

十六茶のCMでも、何故か踊らされていて、しかも複数のバージョンがあるというのですから、彼女は気の毒ですね。

しかも、現在、好調のドラマである『逃げるは恥だか役に立つ』のエンディングでもダンスを躍らせれているという状況…

まあ、見ている分には可愛らしくて最高なんですが、彼女の楽しそうに踊る笑顔の裏には、苦渋の気持ちが潜んでいるのが滑稽ですね。

芸能界にいるのはおかしい位、普通の女の子と星野源は発言。

ドラマで共演している星野源は、新垣結衣についてこう語っていました。

あれだけ世間から人気が高く、美人の彼女ですが、話してみると本当に普通の女の子。芸能界にいるのが、不思議な感じみたいな事を語っていました。

共演者と熱愛関係になりやすいとされる星野源ですが、新垣結衣とはそういう関係ではなく、普通の共演者として仲良く接しているみたいですね。

関連記事:新垣結衣の彼氏は一体誰?星野源でもなく、岡田将生でもなく…

新垣結衣はスタイルもよく本当に美人なのですが、全く飾らず、スキャンダルもありません。

嫌味のない明るい雰囲気が、男女を問わず人気を得ている秘密なのではないでしょうか?

快活な性格でもなく、社交的な性格でもない新垣結衣ですが、そんな彼女が一生懸命に明るい女性を演じようとしている姿に世間の人は魅力を感じるのかもしれませんね。

-時事ネタ

執筆者: